岡田不動産様「スマサテを導入してからは他社に提案で負けることがなくなりました」

株式会社 岡田不動産

  • 業態:賃貸仲介・管理業(アパート、マンション、戸建、事務所、店舗、駐車場、工場、倉庫、トランクルーム)
  • 従業員数:37名
  • 管理戸数:約3,200戸

今回は、株式会社岡田不動産の平原様と藤田様に賃料査定システム「スマサテ」の導入の決め手や活用方法についてお話を伺いました。

インタビュー画像1
御社のご紹介をお願いいたします。
岡田不動産は国内外に25社を展開している、株式会社トーヨーホールディングスのグループ会社です。ホールディングス全体としては、建築や建設、設計、不動産管理、仲介、パーキング、発電、売電、アグリ(農業)など幅広く事業を行っております。その中でも不動産管理と仲介、パーキング管理、リフォーム部門が当社の主事業です。
当社は創業から48年間、地域密着型で不動産事業を展開しています。管理物件は葛飾区を中心とした城東地区で約3,200戸あり、仲介店舗は現在3店舗です。
賃料査定を行っている部署について教えてください。
賃料査定業務を行っているのは、顧客課と営業課の2部署です。顧客課は主にオーナーサポートをする部署で、資産運用や土地活用のご提案を行っています。営業課はリーシング業務を行っており、解約に伴う空室や長期空室物件が発生した際に、「入居が決まる賃料」を設定する部署です。
賃料査定業務の手間のかかっている部分を教えてください。
これまで、比較物件を探し切るために多くのマンパワーを割いてきました。スーモやホームズなど、いろいろなサイトを確認して物件情報を集めていたので、3日から1週間くらいの空き時間を見つけては作業をしてました。
インタビュー画像2

スマサテを導入してからは他社に提案で負けることがなくなりました

賃料査定システム「スマサテ」を導入するに至った経緯や決め手について教えてください。
時代はAIとIoTの登場によって大きく進歩していると考えています。賃貸住宅新聞でスマサテさんの記事を目にしたときは、「ついに賃料査定分野にもAIが来たのか」と思いました。すぐにお会いし、導入を決めました。
会社としては、今後数年の間に店舗数を6倍以上に拡大しようと考えています。城東地区No.1の会社になるためにシステム投資を行い、より先進的で効率的な組織づくりを進めております。そうした組織作りは、若年層の優秀な人材の採用にも良い効果をもたらしています。さらに、8%という低い離職率の維持にも寄与していますね。
賃料査定システム「スマサテ」の具体的な使い方について教えてください。
スマサテは、必要項目を入力すると即座に金額や事例が出てきます。スピード感をもってオーナー様へコンサルティング提案ができるツールとして重宝していますね
顧客課では、マンションの土地活用を含めた資産運用のご提案の際に、客観性のある資料としてスマサテを活用しています。一時期、競合ハウスメーカーに新築の案件で負けてしまうことがあったんです。しかしスマサテを導入してからは、他社に提案で負けることがなくなりました。オーナー様がAI賃料査定を好意的に受け止められているということだと思います。
営業課では、空室の管理物件における賃料の減額交渉時に利用しています。長期空室物件のオーナー様にスマサテの査定結果をレポートにまとめてお見せをしたら、5,000円減額のつもりが、8,000円減額をするという判断をオーナー様が自ら行われたという事例もありました。
適切な金額や競合物件との比較をお見せすると、オーナー様もすぐに納得してくださるケースが多いですね。収益を最大化できるように、「決まる家賃」をオーナー様自身も意識されるようになりました。
インタビュー画像3

新機能が出る際はいち早くお声がけください

スマサテに何か求めることはありますか。
賃料査定の中で、地図上に周辺施設を出せる機能があると嬉しいです。新機能が出る際はベータ版段階でも構いませんので、ぜひお声がけください。テストユーザーとしても協力させていただければと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。ありがとうございました。
ありがとうございました。
インタビュー画像4