グランヴァン様「無料会員期間中に、有料導入後のイメージができました」

グランヴァン株式会社

  • 業態:賃貸管理業
  • 管理戸数:約2,700戸

今回はグランヴァン株式会社の遠藤様と矢島様に、賃料査定システム「スマサテ」の導入の決め手や導入効果についてお話を伺いました。

インタビュー画像1
御社のご紹介をお願いいたします。
当社は20年以上、ワンルームマンションの販売と管理を主軸事業としています。現在の管理戸数は約2,750戸ほどです。
他社と比較しても高い保証率でサブリースを行っていることもあり、最近では自社販売以外の物件を管理することも増えてきました。入居率の向上や賃料の減額をなるべく行わなくて済むような工夫をすることで利益が増え、オーナー様にも信頼していただいております。
インタビュー画像2
賃料査定のシーンや件数について教えてください。
賃料査定のシーンは3つです。各シーンともに時期ごとで多少の変動はありますが、合計して月に30件から40件ほどの査定を行っています。
1つ目は、リーシング業務時にマーケットや在庫状態を確認し、値決めを行うとき。2つ目は、新築や中古物件の仕入れ時です。3つ目は、見込み客の方が保有している物件の管理移管時ですね。

無料会員期間中に、有料導入後のイメージができました

賃料査定システム「スマサテ」を導入するに至った経緯、決め手について教えてください。
実は、他社の賃料査定システムの導入検討がスマサテ導入に至ったきっかけでした。当時導入を検討していた他社製品は高価なうえに機能面も物足りなさがあり、費用対効果に不安がありました。
もっと安価で使い勝手のよい製品がないかと探したところ、賃貸住宅新聞の記事でスマサテを見つけ、すぐに問い合わせました。実際に説明を聞き、よくできているなと思いましたね。無料でお試しをさせてもらいましたが、最初に無料で使ってみることで、有料導入後のイメージがしやすかったです。
月額料金も手ごろで、想定よりも安価で良心的に感じました。いろいろと納得したうえで導入できたのが良かったです。
賃料査定システム「スマサテ」の導入効果を教えてください。
一番役に立っているのは、データの豊富さと信頼できるエビデンスがしっかりとついている点です。社内外を問わず、説明や提案をする際の資料としても利用価値が高いですね。
当社が管理する物件のオーナー様には、大手企業の管理職を務め、数字やデータに強い人が多くいらっしゃいます。スマサテを使うことで、そうした方たちにも提案にご納得いただけています。
新築の賃料は現在上昇傾向にあり、相場観がつかみにくいです。築5年くらいをベースに、サブリースで無理のない設計をしてご提案を行うのですが、その際にエビデンスがしっかりしたデータを利用することで、公平感が出てきます。特にレポートの家賃推移は、無理のない商品設計をする際にリアルな部分を伝えやすく、重宝しています。
インタビュー画像3
スマサテに何か求めることはありますか。
賃料査定の際に敷金・礼金の有無を考慮したり、リフォーム・リノベーションによる賃料の上昇具合がわかるようになったりすると、さらに魅力的ですね。
新機能としていろいろと検討させていただきます。
ぜひお願いします。
今後ともよろしくお願いいたします。ありがとうございました。
ありがとうございました。
インタビュー画像4