東急リバブル様×UPDATA様×スマサテ「賃料査定システム スマサテ導入インタビュー」

今回は東急リバブル様のスマサテ導入までの流れや利用促進の課題についてのお話を中心に、以下3名にお話を伺いました。

  • 東急リバブル株式会社 八星様(写真中央)
  • UPDATA株式会社 岡村様(写真左)
  • スマサテ株式会社 山岸(写真右)
インタビュー画像1

東急リバブル株式会社

  • 事業内容:不動産仲介業(売買仲介および賃貸仲介)、新築販売受託業(新築マンション・建売等の販売代理)、不動産販売業(新築マンションの分譲・リノベーション事業等)
  • 従業員数:3,634名(2020年9月末現在)
  • HP:https://www.livable.co.jp/corp/

株式会社UPDATA

  • 事業内容:不動産業界向けDXソリューションの提供
  • サービス:不動産業務フローを一元管理するDX SaaS「Synca WorkFlow
  • HP:https://updata.tech/
東急リバブル様とUPDATA様の関係を簡単に教えてください。
UPDATA 岡村様 東急リバブル様と知り合ったきっかけは、当社が開催したセミナーでした。現在は賃貸業務支援周りで、当社のDXコンサルティングサービスをご提供しております。
東急リバブル 八星様 UPDATA様には、賃料査定業務の効率化や賃料査定システムの導入検討といった相談をしております。システム導入後は利用促進方法の相談をするなど、日ごろからいろいろとご相談させていただいております。
八星様の部署の業務内容について教えてください。
インタビュー画像2
東急リバブル 八星様 現在は賃貸仲介部門の賃貸営業推進課という部署におります。賃貸仲介業務の支援や業務改革などが主な役割です。

アナログな賃料査定をスピード化させたい

賃料査定システム「スマサテ」を導入することになったきっかけを教えてください。
東急リバブル 八星様 ホームページなどからくるお客様の迅速に対応できないか考えた結果、スマサテを導入しました。
それまで賃料査定は人が手作業で行っていたためにアナログな部分が多く、迅速に対応できないケースも多かったのが実情でした。もともとは他社システムの利用や事務作業のアウトソーシング化で効率化を図っていたのですが、当社が求める水準には達していませんでしたね。
インタビュー画像3
UPDATA 岡村様 東急リバブル様が抱えていた賃料査定業務の課題感を解消すべく、スマサテをはじめとした複数の賃料査定システムをご提案しました。そうした中で実際にスマサテを試され、導入されたという経緯でしたよね。
東急リバブル 八星様 はい。日ごろから賃料査定を積極的に行っている部署でお試しをしたところ、さまざまな点から使い勝手が良いことが分かり、導入を決めました。システムはいい意味でシンプルで、高度なITリテラシーがなくても使える仕様になっているのは魅力的でした。さらに、レポートのアウトプット内容が充実していた点も導入の後押しになりましたね。
スマサテ 山岸 賃料査定システムを導入した目的は、賃料査定や資料作成のスピード化だったのですね。実際にスマサテを利用している他の会社様でも、査定スピードの向上を目的として導入されるケースが増えています。もともとは手作業で査定を行い、資料完成までに数日から1週間ほどがかかっていたものが、スマサテ導入後は15分程度で対応できるようになったというお話も聞きます。
依頼や問い合わせに対するレスポンスが早いと、信頼関係やその後のやり取りに良い影響が出るケースが多いですよね。新規の管理受託件数や売り上げの増加に直結したというお話も伺っています。
賃料査定システム「スマサテ」の利用シーンを教えてください。
東急リバブル 八星様 現在は、仲介店舗にいる147名の営業担当者が利用しております。お客様からの査定依頼やお問い合わせ対応、社内の別部署からの査定依頼で利用することが多いですね。
営業担当者にヒヤリングをしてみたところ、空室物件に対する募集条件の見直しシーンでも利用しているとのことです。これは当初想定していなかった使い方でした。
インタビュー画像4
スマサテ 山岸 まさにそういった「空室物件に対する募集条件見直し」で使っている事例は、他の導入企業様からも聞くことがあります。オーナー様のご意向で強気な賃料設定でチャレンジしたものの、なかなか借り手がつかなかったというケースで活用されているようです。募集賃料を下げようと交渉しようにも、丸腰で資料もない状態では上手くいきませんよね。
このとき、周辺事例やAI賃料査定といった客観的なデータや、エビデンスがしっかりしている資料が大いに役立ちます。「これらをもとに説明や提案を行うと、オーナー様に納得してもらいやすい」とスマサテ導入企業様から言われることも多いですね。
適切な条件緩和をして空室が埋まれば、オーナー様の利益にもつながります。結果としてオーナー様の利益拡大にも寄与できるという点においても、有効な利用方法ですね。
UPDATA 岡村様 システム導入によって、当初想定していなかった使い方でも効果が生まれるケースはありますよね。社内の業務をすべて整理してからシステム導入をしたり、利用を開始したりするのはなかなか難しいものです。一部で導入するなかで別の業務や部署に派生していくということは多いですし、それが理想なのかなと思っています。
賃料査定システム「スマサテ」の利用頻度や導入状況はいかがでしょうか。
東急リバブル 八星様 現在はまだ社内で利用頻度にバラつきがある状態です。すべての部署で活用できていないので、今後さらに利用促進できる余地があると思っています。
UPDATA 岡村様 最終的には社内のみなさんに、すべての賃料査定で使ってもらうような啓蒙は非常に大事ですよね。そのためにスマサテ様とも連携して操作説明会を開いているほか、月次で利用状況のレポーティングをしています。
東急リバブル 八星様 査定結果そのものを重視したり必要としたりするシーンでは特に、スマサテの導入がスムーズにできると考えています。例えば、業者を相手にするBtoBの場面ですね。他部署からの査定依頼もこれに該当します。
一方で、一般のお客様向けのBtoCの場面では、レポートの内容やデザインに気を遣う必要があります。営業担当者によってはスマサテのレポート内容をうまく消化しきれず、有効活用できていないケースもあるようです。そのため、スマサテのレポートをカスタマイズしながら当社独自の査定書を作成しています。
スマサテのレポートだけで完結するのではなく、当社が保有するデータや営業担当者の知見、そしてサポート体制などを活用した提案書と組み合わせることで利用促進を図っています。
AIによる査定結果がすべてだという思い込みを持ってしまっているケースもありますね。自分自身で出した査定額と乖離していた際にAIによる査定結果の利用を控える、という事例もあるようです。あくまでもこの2つは独立した別ものとして考えて、「スマサテのAIでは13万円の賃料と推定されているが、過去の実績や会社としての強みをもとにした当社基準の査定では14万円です」といった提案をしていく必要があると思っています。
スマサテ 山岸 賃料査定システムは、あくまでも意思決定の補助的なツールです。目安とする賃料や周辺の類似物件の情報を簡単に確認できることで、意思決定のスピードを早められることが、賃料査定システム導入のメリットだと思っています。
クリック1つで100%正しい賃料がでるものではないのです。同一の物件でも会社様によって賃料を高めにつける場合もあれば、低めにつける場合もあるなどばらつきがあるくらい、100%正しい賃料はないと思います。お話を伺う中で、賃料査定システムへの正しい理解や利用方法の啓蒙について、我々も一緒になって現場レベルまで落とし込む必要性を感じました。
UPDATA 岡村様 お二方のおっしゃるとおり、賃料査定というのは金額の正解があるものではないですよね。物件というのは基本的にユニーク(一意的)なもので、すべての条件が同じ物件は二つとして存在しません。人気物件や条件の良い物件の場合は多少高い賃料でも借り手がつくということもあり、会社や営業マンによって多少のブレが出てくるのは当然のことかなと思っています。
社内の営業マン100人が賃料査定システムを使えば、100人全員が一旦同じ賃料を確認できます。それをベースにしたうえで、会社や営業担当者ごとの特徴を賃料に反映すればいいのかなと思います。そうした目線合わせが可能になることも、賃料査定システムを導入するメリットですね。
これまではほとんどの不動産会社様には賃料査定のベースがなかったために、賃料査定が属人的なものになっていたと思います。ベースがない中で判断をしていた会社様がシステムを利用することで、会社として業務の効率化や提案力の底上げを図れるのではないかと期待しています。

独自性のあるアウトプットを出して他社との差別化を図りたい

スマサテに期待するところや今後の展望を教えてください。
インタビュー画像5
東急リバブル 八星様 思いつきベースですが当社の成約事例などを連携しながら、半径2キロ以内の成約事例を自動で地図上にプロットできたり、当社独自の賃料査定結果が算出されたりする、といったことが実現すれば、他社と差別化しやすいと思っています。そうすると営業としても、お客様への説明もスムーズにできそうです。
まずは営業担当者からしっかりと意見を吸い上げる。そのうえで当社としてお客様に有益な提案をするためのアウトプットができたらいいなと思っています。そのためにも、UPDATA様やスマサテ様とはこれからも相談や連携をしていきたいですね。
最後に、賃料査定システムの導入を検討している方へメッセージをお願いします。
UPDATA 岡村様 今日の話でも何度かでましたが、賃料査定自体には正解がありません。あくまでも正解を求めるものではない、というところを抑えていただけたらなと思います。
世の中にはすでにいろいろなシステムがありますが、一番大事なのはしっかりと運用していくことです。高額なシステムでなければ、システム選びに時間をかけずに一旦導入してみることが大事かなと思います。まずは小さく一部署から利用して運用に乗せていくことに時間を割いた方が、結果として早期に賃料査定のデジタル化を実現するでしょう。
賃料査定業務に関わらず、システム導入やDX化を検討されている方がいらっしゃいましたら、是非とも当社にご相談ください。各業務フローの整理からシステム選定、導入補助までトータルでコンサルティングいたします。
スマサテ 山岸 賃料査定システムが他にもある中で、スマサテは現時点で最高水準の製品であると自負しています。しかし、その開発に終わりはありません。アップデートを常に最速で行っていくというスタンスが弊社の一番の特徴であり、強みでもあります。製品の改良とアップデートを繰り返すことで今後も引き続き、ご利用いただいている企業様の業務効率化や売上向上に寄与して参ります。
さらに次のステップとして、今回の東急リバブル様のお話にもあったような個別の要望に応えたカスタマイズの実施も考えています。スマサテのベース機能に肉付けを行って、個別の会社様ごとに最適なカスタマイズをご提供することも可能です。是非お気軽にご相談ください。
インタビュー画像6

■UPDATAへのご質問・ご相談(DXコンサル、システム導入など)

■スマサテに関するご質問・ご相談(有料利用、カスタマイズ相談など)

  • Mail:support@terminals.jp
  • TEL:080-1172-7272(10時〜18時 土日祝を除く)
  • HP:http://sumasate.jp/